虫さされ・かゆみ止めの「ムヒ」を製造・販売する株式会社池田模範堂は、2021年夏、池田股間高校野球部を舞台にした股間青春まっさかりな青春を送る野球部員を描いた「股間球児エムズーン」シリーズのアニメを展開している。今回、池田股間高校をテーマに、股間球児エムズーンとVTuber月ノ美兎、剣持刀也、緑仙、卯月コウによる生放送番組「#青春股間ナイン supported by デリケアエムズ」を8月17日(火)20時に放送する事を発表した。

▼「#青春股間ナイン supported by デリケアエムズ」公開先
月ノ美兎さんのチャンネルURL 
https://www.youtube.com/channel/UCD-miitqNY3nyukJ4Fnf4_A

デリケートエリアのかゆみ・かぶれ治療薬「デリケアエムズ(M’s)」のイメージキャラクター「股間戦士エムズーン」は2018年より活動開始し、今年2021年6月より夏の熱気が最も集まる”野球”を舞台に「股間球児エムズーン」として活動を再開いたしました。そして、青春スポ根股間アニメ 「股間球児エムズーン」全4動画を公開し、累計再生回数1000万回を突破いたしました。

 生放送番組「#青春股間ナイン supported by デリケアエムズ」では、3年連続コラボレーションとなる月ノ美兎さんと剣持刀也さんに加え、緑仙さんと卯月コウさんを迎え、股間球児エムズーンと共に池田股間高校の野球部員になりきり、全国大会優勝を目指すすごろくを行います。また本生放送は、月ノ美兎さんのYouTubeチャンネルにて公開いたします。

■「#青春股間ナイン supported by デリケアエムズ」出演者について
月ノ美兎 
 

高校2年生。性格はツンデレだが根は真面目な学級委員。
本人は頑張っているが少し空回り気味で、
よく発言した後で言いすぎたかもと落ち込んだりする。





©ANYCOLOR, Inc.

剣持刀也

16歳の高校2年生。剣道部所属の隠れまじめ系男子。
普段は周りと合わせてじゃれているがダメな時はダメという。
以前から他の人の配信を見るのが好きで、その憧れから始めた。
練習のしすぎで怪我が絶えないので、常に救急セットを所持している。





©ANYCOLOR, Inc.

緑仙

本名は仙河緑、こう見えて日本人。
性別は非公開。
歌うことが好きで配信を通して友達を作ろうと考えている。





©ANYCOLOR, Inc

卯月コウ

有名企業のCEOを父に持つ育ちの良いお坊ちゃん。
イギリスと日本のハーフで近寄りがたく思われることを気にしている。
無愛想でツンとした印象だが、心を開くと年相応の男子中学生。






©ANYCOLOR, Inc.

股間球児エムズーン

2018年、デリケートエリアのかゆみ・
かぶれ治療薬「デリケアエムズ(M’s)」のイメージキャラクター
「股間戦士エムズーン」として活動を開始し、
今年2021年6月より夏の熱気が最も集まる”野球”を舞台に
「股間球児エムズーン」として再出発。


■累計再生回数1000万回突破!股間WEBアニメ 『股間球児エムズーン ー青春の股間たちー』について
「股間球児エムズーン」は部活、恋愛、友情など、学生時代の青春を描いた青春スポ根股間アニメシリーズです。2021年6月29日にオープニングソングと本シリーズの第1話が公開された大人気WEB限定アニメ動画になります。第1話では名門「池田股間高校野球部」に入部したエムズーンでしたが、そこでは股間がかゆくて監督含め部員の股間が悲鳴を上げ、野球ができないという窮地に陥っていました。その危機を、エムズーンがデリケアエムズを塗布することで、部員の股間が爽快になり、無事池田股間高校は全国大会に向け練習に励むことができるようになったのでした。野球部マネージャーを務める今作ヒロインの“カユミ”は放課後、野球部みんなに頑張ってほしいという思いとともに、自分がエムズーンに恋していることに気づく。

▼6月29日公開、股間球児エムズーン第1話「舞台は、夏ムレムレの池田股間高校。」
動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=mUnzzyM_Ol0

そして、2021年7月9日(金)に公開された続編となる第2話では、股間のかゆみから解放されたはずの部員たちが再び股間のかゆみに悲鳴を上げる事態が発生する。動揺するエムズーンに告げられたのは、池田股間野球部最大のライバル「蒸高校」の存在。ムレ高は相手高校の股間という股間をかゆがらせることで、プレーの邪魔をする“スポーツマン股間シップ”のない極悪な連中だった。その事実を知ったエムズーンはみんなの股間を救うべく一人で蒸高へと乗り込みます。そのエムズーンの無謀股間行為を止めたのは、池田股間高校野球部のマネージャー“カユミ”だった。カユミはエムズーンの入部当初からエムズーンの股間に対する誠実さに惹かれ、ひそかにエムズーンに想いを寄せていたのだった。想いを告白し、危険な行為を止めようとするカユミ、エムズーンは「#ムレ高に突撃」「#カユミに応える」という究極の二択を迫られることとなる。

▼7月9日公開、股間球児エムズーン第2話について
動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=3M_4e_Nu-0g

7月26日に公開した股間球児エムズーン第3話「#ムレ高に突撃」では、ムレ高に突撃することを決めたエムズーンはたった一人でムレ高に乗り込み、野球で勝負することになる。相手チームのピッチャーから放たれたのは、股間ギリギリスライダーはバッターの股間の前をじっとりと通過し、蒸れが増すとんでもない魔球であった。そのピンチに、池田股間高校の校長プリンシパル池田が駆け付け、股間球児エムズーンは力を取り戻し、股間爽快打法という股間にバットを挟んだ状態で、超高速回転することにより、それによって起きた風により蒸れを吹き飛ばす打法により、見事ムレ高に勝利を収める。

▼7月26日公開、股間球児エムズーン第3話「#ムレ高に突撃」
https://www.youtube.com/watch?v=wbHiZ2Op0ik&t=79s

8月11日に公開したシリーズ最新話となる股間球児エムズーン第3話「#カユミに応える」では、7月26日に公開した第3話「#ムレ高に突撃」とは異なる第2話の続きとなるもう一つの物語になります。ムレ高の悪行を知った股間球児エムズーンを引き留めたカユミであったが、実はそのカユミは股間大魔王の手下であった。そしてカユミは、股間大魔王の命令により、塗布すると股間が痒さ倍増する”逆デリケアエムズ(M’s)”をエムズーンの背中の本物のデリケアエムズ(M’s)をすり替えるため、エムズーンに近づく。しかし、エムズーンと一緒にいることで爽快な気持ちが芽生えたカユミは、自分が股間大魔王の手下であることを話し、別れを告げる。そこに、万物の股間の頂点に君臨する股間神が天より現れ、悪しき蒸れからカユミを救うのであった。

▼8月11日公開、股間球児エムズーン第3話「#カユミに応える」
https://www.youtube.com/watch?v=yGiRHF3IxPo